2001-09-07

夢のつばさ


 色んな意味で春を賑わせたClose toのKIDの新作。
 って言うか、俺の近隣でこのゲームについて騒いでいるのは俺1人のような気がしないでもない……(寂)
 大空に夢を馳せた父親の後を追いかける主人公。主人公の夢は、赤とんぼと呼ばれる祖父が遺した練習機で大空を馳せること。タイトルの「夢のつばさ」はここから来ているのだと思われる。

ファーストプレイ

 主人公の家が持つだだっ広い草原の真ん中で少女が倒れていた。無理があるといえばあるのだが、修羅の国(エロゲ界)では意外と普通(謎)
 雨が降ってきたので女の子を意識不明のまま家へ連れて帰る。二人ともズブ濡れだ。うむ、身体検……じゃなくて、とりあえず脱が……じゃなくて、いっそのことハメて起こ(以下削除)
 おっと、ドリームキャストソフトでしたな。失敬(マテ)
 勇希、登場。主人公の従姉妹で幼馴染み。世話焼きな性格。初めて見た時は「うわ、真っ青!!」と思った。
 しかしまぁ……Wet→裸Tシャツ→バスタオル1枚とは、ハナっから飛ばしとりますなぁ、KIDさんよォ。
 少女の名前はしずくと判明。瑞雲しずく。
 ちょっとした記憶喪失なのか、家に帰るという動作を嫌がるしずく。仕方なく家に泊めることになる。
 疾風、登場。主人公の学校の悪友で、爽やかさん。
 昨日はしずくの夢を見て、今日は勇希の夢を見る主人公。コイツは……Close 2Uの涼(主人公・兄)以来の、真性ムッツリさんかよ!?
 って、その翌日は蒼かよ! 待ってくれよ!!(笑)
 桜花、登場。主人公の親友、疾風の妹。おさげのようなツインテール……そう、解かりにくい例えをするならばmoeのまみ、解かりやすい例えをするならばゴキブリツインテール(マテ
 占いを信じて主人公を運命の人だと思い込む桜花ちゃん。ハシャぎ過ぎる桜花ちゃん。むぅ……嫌いじゃない(ぉ…
 翌日、爽やかバカ兄貴が炸裂。こういうことはちゃんとケリを付けないと気が済まない俺の性格からして……桜花のシナリオに行ってしまいそうだ……。まぁ、ファーストプレイは自分の正しいと思う選択をする俺のゲームスタンスを崩すわけにもいかないので、信じるのみだ。
 わ、些細な夢だと!? あかん、ツボやん!?
 桜花のシナリオに入ったかと思った途端に、しずくのコトには触れなくなる主人公。アンタ、未だに素性不明の同居人やで!? ほったらかしの放置プレイでええんかい!(笑)
 桜花の口調がだんだん激しくなってきたんだ Yo!Yo!Yo!
 こんな感じで(違…わない)
 桜花の秘密基地へ案内して貰う。……って、本当にそれらしい基地だよオイ……(笑)
 戦艦模型が並べられた桜花の秘密基地……マニアだYo……。
 って、いきなりドリームトリッパーな桜花! 前触れも何も無く、夢のつばさを全開に広げる桜花! なんとかならんのかコレは……。
 勇希が浴衣で登場。主人公曰く、「こいつ、こんなにかわいかったっけ……?」らしいが、イ・ヤ・マ・ジ・デ・こいつハ効イテルんジャナイデスカ、俺ノライオンハートヲ揺ルガスたぁアンタ何者だ!?
 桜花ちゃんが秘密基地で製作していた戦艦大和の模型がついに完成。そしてその夜……大和と桜花と秘密基地で一晩過ごす。美味しいね……そりゃ見事だね(謎)
 ビシバシ感じる愛情はただの憧れのように見えるが……それはそれで良し。
 相変わらずしずくは不思議少女を装っている。イライラが募る俺。
 しずくのことを聞いているのに、逆に聞き返されて後退する主人公。騙されてるよ……(笑)
 オトボケな振りをして狡猾なしずくに、イライラとムカツキは募るばかりである。
 まったく桜花ちゃんとの接点になるイベントが起こらないなぁ……と思ったら、いきなり疾風から最終宣告を突きつけられる。選択肢も無く流れるテキストに茫然自失(マテ
 しかし、さらに追い討ちをかける夢のつばさ。
> 「俺たち、ともだちだよな?
 待て! 待ってくれそのセリフは!
 勇希の家の牧場で、仔馬が産まれる。オショウガツと名付けて冬を待つ。
 子馬を生んだ母親の容態の悪さに、うつむいて涙を堪える勇希。……生命の神秘を目の当たりにしている主人公たちなどどこ吹く風で、萌える俺(マテ
 あかん……あの立ち絵はキタよ……(謎)
 夏休みの登校日。うーむ……なんだかんだで長いシナリオだなぁ。スタートから2カ月近くは経っている。段々と冗長になって来……って、熱ッ!?(謎)
 いきなり来たよ……唐突に吹き荒れる嵐の予感。ひたすら心悩ませる選択肢の連発。ゲーム攻略としては簡単な選択肢でも、実際に直面したと仮定すれば難しい選択だ。
 なんとか切り抜けたかと思いきや……嵐は収まらない。逆向きの嵐がな……(照(マテ
 こっ恥ずかしいほど、ラヴりよって……。
 なんか納得行かない展開してるなぁ……と思ったら、サクッとバッドエンド(涙)
 って言うかね……しずく、アンタ意味不明過ぎ……(笑)

瑞雲しずくシナリオ

 さて、オンリープレイ攻略を始めます。まずはメインヒロインのしずく。
 綺麗なロングのストレートの髪型。どこか浮付いた気性で、あまり見識の深くない性格。似てるなぁ……どこぞのポンコツに……。
 理不尽なほど謎を被るキャラ設定。むしろそんな謎を追いかけない主人公にイライラが募る。こういった謎を解明しとかないと、先へ進めない性分の俺なので……。待っててね桜花ちゃん……(ぉ
 Wet→裸Tシャツ→バスタオルの3段コンボをキメた後、さもアッサリと、それが当然であるかのように居座るしずく。学校が終わっても、いきなり遠方の恋人が「き、来ちゃった……」&「来ないの……」と言うコンボをキメられたかのように戸惑いを見せながらしずくを受け入れる主人公。だから、アンタ騙されてるって……。
 しずくは、自分の事は何も語らないのに、突然ヘラッと笑ったりする……不思議少女と言うより、不信少女なんですけど……(ぉ)
何の進展も無いまま、1カ月が過ぎようとしている……(汗)
 そりゃあ、ちょっとしたケンカをしたり、いないはずのしずくの人影を見たり、一緒にプールに行ったりするイベントはあったけどさ……何一つ心に残らねェ……(笑)
 愛がどーのこーのと、恋がどーのこーのと……そんなんどうだっていいから冬のせいにして暖め合おう。……本当にそんなんどうだっていいから、アンタが今立たされている状況を少しは理解してくれ(笑)
 相変わらず何も進展しないまま、しずく失踪。そして主人公は空へ。
 ここでようやく、しずくの謎が解ける……が、付いて行けねぇ……(笑)
 あまりにも話がファンタジックすぎて、まったく付いて行けない……。置いてけぼりを喰らう俺。
 しかし、このシナリオから感じたことにはひどく共感。花は散るから美しい。命を燃やすから美しい。悠久の永遠なんて、その実何も無いのですよ……。

しずくアナザーストーリー

 本編をグッドエンドでクリアすると、おまけシナリオが登場。
 おまけシナリオはキャラごとに存在し、しかもバッドエンドまである。
 と言っても、みずいろのようなえちぃのじゃないので、期待してはいけません。……あぁ、ゲーム機はドリームキャストでしたな(ぉ
 さて、そのしすぐのアナザーストーリーだが……長々と本編とほぼ同じ内容で引っ張って、夢オチってのはどうかと思う(笑)

深山勇希シナリオ

 さて、しずくの謎もある程度解明された所で次は、幼馴染みの勇希を攻略開始。ファーストプレイでは勇希のバッドエンドへ行ったので、ある程度は解かるが……かなり熱くて痛い模様。期待感は良い感じ。
 勇希は、ショートカットの髪型にスレンダーながらもナイスバディ。勝気な性格で、従姉妹の幼馴染み。まずまずの印象(謎)
 なんて言うか……幼馴染みって良いですね。
 しずくとの空虚な日々が悲しくなるほど、主人公と勇希のシナリオはラヴりやがってます。しずくや疾風を無視して、2カ月間延々とラヴりやがってます。激こっ恥ずかしい……。
 しかしまぁ、花火大会での浴衣といい、プールサイドでの水着といい、俺ってホントにショートカットが好きだなぁ。
 ルックスは最高なのに、性格はてんで好みじゃない……。
 さて、エンディングはファーストプレイの「納得行かない展開」が起こって、勇希は思い込みで暴走し、しずくは消える……何も打ち明けることなく。
 チクショウ……このゲームは自己完結型のキャラばっかかよ……(涙)
 救われねぇ……報われねェ……。
 主人公の夢はどうなったんだろうか?(笑)
 しずくシナリオをやってあるから良かったものの、しずくシナリオをやってなかったら本当にしずくのことを嫌いになってたね。

勇希アナザーストーリー

 突然、澪という学校一の美少女に告白される。
 考えるまでもなくイタダキマスOKサインの俺。むしろ望む所。
 しかし、何故か話は展開せずバッドエンド。KIDさんよォ……バッドエンド扱いってのがすげぇ気にいらねぇ。
 ここで思い返すと、これは「勇希のおまけ」であった。いや、そんなことスッカリ忘れてたよ……(ぉ
 澪の告白を、しぶしぶ、と言うか泣く泣く断る。
 あとは本編と変わらずのラヴリっぷりを見せつける主人公と勇希。ちっ……(謎)

秋水志菜乃シナリオ

 今の今まで名前さえ出させてもらえなかった、喫茶店のお姉さん。
 外見は長髪ロングで、パウダースノーの紗夜子さんに酷似している。まったく好みじゃない……(ぉ
 しかし今までの雰囲気から見て、コイツは只者じゃないと判断し攻略開始。すまん……俺が攻略するべきキャラじゃないのは解かっているが、しずくも勇希もあまりヒットしなかったんで広角打法するしか(マテ
 さて、志菜乃さんはお姉さんなので雰囲気の主導権は志菜乃さんにある。主導権を握れない主人公は、しずくシナリオ・勇希シナリオを遥かに凌駕するムッツリ君モード全開。
 志菜乃さんのために主人公は夢を諦める。が、志菜乃さんの守りたかったものもアッサリ諦める主人公。
 ゲームタイトルは夢のつばさなんですけど……(笑)
 志菜乃さんの想い出のラベンダー畑も整地され、旧家屋が取り壊され、唯一残ったスケッチブックすらも失う。志菜乃さんが守りたかったものが全て無くなってから、ようやく頑張りを見せる主人公。遅いって……(笑)
 怪我をした主人公と志菜乃さん。病院で手当てを受けるもシーンはすぐに屋上へ……ヤな感じですな……。
 志菜乃さんから語られる、悲しい過去。コ、コレハヤバイ……。
 何も無い病院での別れから、バスで帰る道程。のどかな農道を通るバス。疾風の友情。主人公の次なる目的、やるべきこと。この感じ……何も悲しいことなんて無いはずのテキストなのに、涙が止まらねェ。幸せも夢も掴んでないはずなのに、なんでこんなに満ち足りた感じがするんだよ……。
 疾風の、温かいけど熱くない友情。
 志菜乃さんの、よく考えて出される行動と、それに負けない感情。
 しずくの、存在。ただそこにいて、気付かせる。
 これ……位置関係もシナリオも違うけど、この絶妙な人物関係の距離感はKanonの栞シナリオとよく似た雰囲気がある。
 久々に感動に戦慄するほどのシナリオでした……。
 つまり、当たり(爽やか)
 伏線の貼り方が異様に下手ですが、このシナリオは絶賛
 外見も性格もまったくツボではありませんが、志菜乃さんは護らねばなりません(ぉ

志菜乃アナザーストーリー

 志菜乃さんに主導権を握られまくり状態の、喫茶店での1コマ。桜花ちゃんが絡んで熱い展開が待っているが……別に弁解する必要は無いかな……(謎)
 え? だってホラ、俺桜花ちゃん嫌いじゃないし?(マテ

白菊桜花シナリオ

 さぁてお待ちかね……桜花ちゃんの登場です。志菜乃シナリオの素晴らしさに、いやがうえにも盛り上がる俺。
 だって……俺、こっちの方が好みだし(マテ
 ただし、「性格が」であって、外見も口調も好みではない(ぉ
 外見や口調が多少ストライクゾーンを外れていても問題無い。俺は性格重視なので☆(ぇ
 志菜乃さんのシナリオではアッサリ夢を捨てた主人公だが、桜花のシナリオではひたむきに夢を貫いているように思える。しかしそれ以上にひたむきな桜花ちゃん。ある意味、壮絶なまでにワガママだ YoYoYo!
 かと思ったら、いきなりまたしてもアッサリと夢をポイ捨てする主人公。しかし、そんな主人公の気持ちも解からんでもない……。
 そうか、何か似ていると思ったらClose 2Uによく似ているのだ。ムッツリっぽい主人公といい、自分の夢を諦めてしまう所といい。

桜花アナザーストーリー

 他のオマケシナリオとは一線を画してパラレルってます。さすが、桜花と言ったところか(笑)
 ここまで理不尽な展開でどういったオチを付けるのかと思いきや、ラストは突然
 1行のテキストと1枚のCGの組み合わせで激泣きの俺。
 ラストの瞬間まで笑顔で読み進めていたのに、あの1行が出た瞬間……ヤラれました、完敗です。